予算に対するポイント申請額の割合について、
詳しくはこちら​











申請受付終了における留意点​

本制度は、ポイント発行申請額が
予算上限に達した場合、申請の受付を終了します。

申請受付終了日の取扱について

  • 原則、ポイント申請額が予算額を超過した日の「前日」を申請期間の最終日として公表します。
    (公表日当日の申請はポイント発行対象となりません。)

    • 翌日の受付で予算上限額の超過が見込まれる場合、その当日を申請期間の最終日として公表することがあります。
  • 一部の書類が不足する申請は、期限内の提出でも
    受付却下

2021年11月30日をもって、郵送・窓口での
ポイント発行申請および追加工事を伴う
完了前ポイント発行申請の受付を終了しました。
2021年12月1日以降は
オンライン申請のみの受付となります。

オンラインでの申請がスムーズです!

  • 推奨環境をご利用ください。
    (スマートフォンの場合レイアウトが崩れる場合があります)

トピックス

新しく公表されたページや注目情報をまとめています。

(2021年7月19日更新)

申請区分

2020年12月15日以降に工事請負契約または不動産売買契約が行われた以下4つがポイント発行の対象です。なお、申請者となれるのは、工事発注者(請負)または購入者(売買)本人です。

新築住宅の建築・購入

詳しくはこちら

  • 契約時に建築1年以内、第三者が未入居の住宅
  • 一定の省エネ性能を満たす
  • 購入者等が自ら居住(1人1回)
  • 30万~100万ポイントを発行 等

既存住宅の購入

詳しくはこちら

  • 2019年12月14日以前に建築された住宅
  • 売買代金が100万円(税込)以上
  • 購入者が自ら居住(1人1回)
  • 申請は入居後(完了前申請不可)
  • 15万~45万ポイントを発行
  • 同一住宅は1回まで
    (購入前の第三者ポイント発行を含む)  等

リフォーム工事

詳しくはこちら

  • 工事の内容に応じてポイント発行
  • 最低5万ポイント以上の工事
  • 賃貸住宅へのリフォームも可
  • 上限内で同一住宅でも複数回の申請可 等

賃貸住宅の建築

詳しくはこちら

  • 全戸がトップランナー基準で床面積が40㎡以上
  • 棟単位で申請
  • 戸建住宅や店舗等の併用住宅は不可
  • ポイント利用は追加工事のみ
    (2022年2月15日までの完了報告が必須)

ポイント発行
申請期間

  • 申請開始
    2021年3月29日
  • 申請締切
    遅くとも2021年12月15日まで(オンライン申請)
    • 郵送・窓口でのポイント発行申請および追加工事を伴う完了前ポイント発行申請の
      受付は2021年11月30日をもって終了しました。(郵送の場合は必着)​

完了報告期限

対象工事の完了前にポイント発行申請を行った方が、工事の完了後に行う報告です。(郵送の場合は必着)

2022年2月15日 2022年5月31日 2022年11月30日 2023年5月31日

新築住宅

追加工事を伴う

戸建住宅

階数が10以下の共同住宅等

階数が11以上の共同住宅等

リフォーム(1,000万円以上)

追加工事を伴う

戸建・共同住宅等
(耐震改修なし)

階数が10以下の共同住宅等
(耐震改修を伴う)

階数が11以上の共同住宅等
(耐震改修を伴う)

賃貸住宅の
建築

全ての
申請

既存住宅の
購入

※完了前にポイント発行申請を
行うことはできません。

  • 完了報告の提出を行わない場合、利用済みのポイントについて返金が必要です。
    また、計画の変更等により、完了報告で報告した工事等に応じたポイントが、既に利用したポイントを下回った場合、差額について返金が必要です。

商品交換
申込期限

2022年2月15日まで